心臓 MUSIC VIDEO解禁

最終更新: 2019年4月2日

5/1(水)Release W-A Side Single「ラブソング/心臓」から 「心臓」のMUSIC VIDEOが解禁となりました。


正直まだいろんな意味で震えてます。 たくさんの方々に拡散していただき嬉しい限りです。 ありがとうございます。

これまで全国で出会ってくれたファンの方々。 トリニータサポーターの方々。 こうして拡散してくださる一つ一つの気持ちに救われてます。

あなたに出会えた、おかげさまで歌が歌えてます。

少し長くなりますが、振り返りながら頑張ってブログ書きます。

昨年ご縁をいただき、

大分トリニータの試合前イベントの出演の機会をいただきました。


今でも決まった時の興奮は忘れない。 嬉しくてたまらなかった。

その結果がこの動画の噛みっぷり。 今見ると顔強張りすぎて怖い。黒歴史になり得る。 貼っておいてアレだが、なるべくなら見ないで欲しい。(笑)

サポーターの方々がこの日の為に作ってくれた 「よくできました。」 の横断幕が今でも目に焼き付いて離れない。 ずっと立ちたかったステージ。 僕にとっては武道館でライブをすることよりも 大きな価値のある最高で最愛の舞台です。 人数じゃない。 歌を続けてきてやっと歌を届けれた。 うれしかった。 これ以上の言葉が見つからないぐらいうれしかった。


それからも何度も試合前イベントに呼んでいただいた。 僕は歌は上手くはないけど、 トリニータへの愛は絶対誰にも負けない。 その温度が少しずつ伝染して、 サポーターの方から声をかけていただけること。 少しずつ歌が届いて行くこと。 勝った時はハイタッチして一緒に喜びを分かち合えたこと。 負けた時は一緒に落ち込んで悔しさを分かち合えたこと。 SNSだけではなく、目と目を合わせて色んな気持ちを汲みかわせた。








そして、昨年制作したDA PUMPさんの「U.S.A.」のカバー「O.I.T.A.」のフィナーレの部分(大サビ)はサポータの方々、トリニータの運営スタッフの方々にご協力いただいて、制作しました。





9時集合と開場前のかなり朝早い時間のなかで想像を超えるたくさんのファン・サポーターの方々にご協力いただき、この作品を届けることができました。 日々強くなっていくトリニータへ気持ち。 カテゴリーなんて関係ない。 「トリニータがなくなったら、自分も心中する。」

それぐらいの気持ちでトリニータを愛そうと思った。 知ろうと思った。

そんな中、先日発表となりました。

公式応援ソング「トリニータイソウ」へ出演。 たどたどし過ぎるダンスですが(笑) パッションをこめて踊りました。 トリニータをさらに盛り上げるためのこうした大きなプロジェクトに参加できたこと。 とても光栄でした。

ずっと購読していたOFFICIAL MAGAZIN「Winning GOAL」内の新企画で1コーナーを書かせていただくことが決まりました。

お話をいただいた時には、号泣しました。 何日徹夜してもいい。と思えるぐらいい。

嬉しくて嬉しくて仕方がなかったです。無我夢中で書きました。 デカデカと1ページ。。 まだまだ勉強中の身で大変恐縮ですが、何十回も試合を見直して、僕からの視点で選手や監督の言葉から試合を振り返らせていただきました。 大分県内の書店、コンビニ又は下記のURLよりご購入いただけます。

https://www.fujisan.co.jp/product/1281691436/

そして、昨年末から構想を詰めて、制作からすごく時間をかけて、色んな方々に携わっていただいて、大事に温めてきた僕なりのトリニータ愛を入魂した今作品「心臓」のMUSIC VIDEOがようやく公開となりました。

【クレジット】 作詞作曲 コバケン|中村慎吾 編曲 桑原大輔 録音 土屋武士( dot Operation ) 監督 山下歩 撮影協力 大分県立美術館 OPAM 
照明協力 三共企画





命懸けで撮影しました。 この日までの絶食ダイエットも含めて(笑) 映像監督には、YouTubeを見てこの人と作りたい。と即決してて、どう繋がろうか。。と考えていた時にふとSNSに上がってきた室尾陸人くんとのツーショットの投稿を見て、紹介していただいて決まった、山下 歩くん。 何十回も。 いや、何百回も一緒に走り回った。 夜通し走り回ってかつてないほどの筋肉痛が抜けなかったことも、次の日二人して産まれたての子鹿のように歩いてたことも、今となってはすごくいい思い出です。(笑) たくさんの方々の気持ちが詰まった「心臓」 あなたに少しでも画面越しの熱量が鼓動が伝わってくれてたらこの上なく嬉しいです。

ここまで書いてるのを見るとリア充感が溢れてますが、昨年から色んなことがありました。


何度も挫折しましたが、その度その度に声をかけて救ってくれた家族や、スタッフ、仲間、先輩のおかげで、何より信じて見守ってくれてるファンの方々のおかげで今日までたどり着けました。


まだ何も成し得てない。 まだ何も成し遂げてはいない僕ですが、



10もらったとしたら、 自分の1を上乗せして11にして人へ幸せを渡す。


そうずっと思っていた。


いや、等価交換じゃない。


損や得じゃない。


渡し続ける。届け続ける。

本当の愛に見返りなんて求めてない。




始まりは いつだって 胸の高鳴りが極めて単純に

喜びも 悲しみも ぐちゃぐちゃにかき混ぜ 音になれ 心臓よ そう、音にしていく。 歌にしていく。 これからも。



感謝。







最後になりますが、思考能力なさすぎるし、なんかナルシストっぽいので SNSではあげることができなかった診断を晒してこのブログを終わります。 また書きます。

© 2020 Shingo Nakamura All Rights Reserved.